FC2ブログ

風俗体験談

ソープの実体験談

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ボジョレヌーボー

待合室には先客が一人いましたが、
私は比較的早く案内されたのと、
客同士の視線が合わない様なソファーのセッティングの為に、
他の客は余り気になりませんでした。
待合室を出て階段の方に案内されると、
階段の途中で姫が待っており、
直ぐに腕を組んできてそのまま部屋へ案内されました。
ネットでは美人と書かれていたのですが、
正直第一印象は正直余りパッとしない普通の子という印象で、
想像とはちょっと違いましたが、
終始笑顔なので悪いイメージでは有りませんでした。
階段を上がり終える直前に途中でトイレを聞かれたので、
既に済ませあてある事を告げると、
姫は部屋に入る前からいきなり濃厚なDキスをしてくれました。
こういう積極的なサービスはいいですね。
キス好きの私にはこれからの個室でのプレイに期待が膨らみました。
部屋に入ると丁寧な言葉で挨拶をされ、
その直後からはまた濃厚なDキスの嵐。
キスの間も姫の手は私のJr.を刺激し続けているので、
私のJr.はあっというまに元気になり臨戦態勢。
キスを中断して私の服を上半身から脱がせてくれ、
服は綺麗にたたんでカゴに入れてくれました。
この姫はとにかくお客を褒めまくるようで、
私の大した事の無い服についても「この色はいいですね」とか、
とにかく客を持ち上げて気分良くさせようという雰囲気がありました。
私はズボンを脱がされると、
姫は上目遣いで私に視線を合わせながら、
トランクス越しにJr.を刺激し続け、
少し焦らされた後にトランクスを脱がされ、
ねっとりとした生フェラをしてくれました。
上目遣いで視線を合わせながらのフェラは、
なかなかエロチックで良かったです。
また、私のJr.は横太でやや大きいのですが、やはり姫はJr.の事も、
「大きいし、これを挿れたら気持ち良さそう」と、
客を喜ばせる事を言ってくれました。
暫くフェラをしてくれた後に、姫から姫の服も脱がせて欲しいと言われ、
姫の服を脱がし始めまたのですが、
私はこの時点で結構エロモードに成っていた為、
普段ならばただ脱がすだけなのですが、
今回は姫の胸やアソコをまさぐったり、
色々触りながら脱がせていきました。
この時に姫は予想より胸が大きいと感じ、
胸を揉んでみたところ非常に柔らかく気持ち良かったです。
そんな最中でも姫の手は必ず私のJr.を触っており、
時折キスを求めて来たり隠語を言ったりして、
客を興奮させようとするサービスが良かったです。
姫の服を全部脱がし終えて改めて姫の体を良く見ると、
非常に色白で女性らしく胸もやはり予想より大きかったのですが、
逆に少し腰の肉付きが良かったのがちょっと残念でした。
ただこの姫の体は色白さは魅力的でした。
お互い裸になると、また姫から立ち上がったままDキスの嵐です。
私は普段胸フェチではないのですが、
色白でとても柔らかかった胸にはちょっと興味が沸き、
珍しく姫の胸を念入りに攻めていると、
あっというまに姫の乳首はビンビンに硬く隆起してきました。
更に攻めていると姫のJr.への手刺激が時々止まり、
声にも変化があったので多少は感じてくれていたようです。
そのまま乳首を舐めながら手を姫の股間に持っていくと、
アソコはもう十分に濡れている状態。
指を1本、2本と入れて中をかき回すと更にグチョグチョ状態に。
姫に「もうアソコはもうグチョグチョだね」と言うと、
姫は赤くなって顔を手で隠して「恥ずかしい」と一言。
その仕草が演技だとしても結構可愛くて良かったです。
姫に促されてベッドに座ると、
姫がDキスをしながら私を押し倒す様に私を仰向けに寝かせ、
姫は私のJr.を激しく生フェラを続け、
玉舐めやアナル舐めも強烈。
途中でイキそうになったので、
69の体制に変わってもらう事でインターバルを取り、
私も姫のアソコに指や舌を入れて攻めさせてもらうと、
時々姫がビクビクするのが分かりました。
指を奥まで入れてクリを舌で刺激すると、更に濡れて来ました。
ここで姫がもう挿れたいというので、
即々で生のまま先ずは騎乗位で挿入。
十二分に濡れていたのと入口が広いのか、
太めのJr.もあっさり根元までスッポリ。
しかし緩いのかと思えば中は適度に締付けてくるので、
緩い訳ではないようで結構気持ち良いです。
挿入直後に姫からは、
「やっぱり太いし、カリが大きいから動かすと、
中が引っかかって気持ちいい」と甘えた目つきで言ってくれ、
そのまま姫の腰の動きが早くなってきました。
私も負けずに姫の色白で柔らかい胸を攻めたのですが、
そうすると姫も感じるののか体を密着させてDキスをしてきたので、
もう攻められっぱなしと言った状態。
このままだと直ぐにイってしまいそうだったので、
私が上になりたいと告げて一呼吸。
私が上になって正常位で再挿入し、
姫には「根元まで入って、
アソコが広がって出し入れしているのが良く見えるよ」というと、
姫が恥ずかしそうに挿入部分を手で隠してしまったので、
両手を押さえつけて隠語を少し続けると、
姫はまた「恥ずかしい」といったので、
「恥ずかしがる顔もかわいい」と私がいうと、
色白な姫が更に真っ赤になって可愛かったです。
挿入して姫の両手を抑えたまま、
口では姫の胸を十分に堪能させてもらい、
その後松葉崩しの体制に移行し、
正常位と違った角度でアソコの締りを楽しみ、
更にバックになってからは姫の大きなお尻を見ながら、
更にアナルも少し指で刺激しながら深く突き続けました。
お尻を少し刺激するとその瞬間瞬間にアソコの締め付けが強まります。
お互い汗でもうびっしょりになってきたので、
一度Jr.を抜いて正常位に戻り、一気に根元まで深く挿入し、
Dキスをしながら何度も奥まで突かせてもらい姫の奥深くに放出しました。
アソコからJr.をゆっくり抜き少しすると、
姫のアソコからは白濁液が出てくるのが確認出来ました。
これはいつ見ても結構興奮します。
ジックリ見ていると姫が、
「恥ずかしいけど、見たがるお客さんって結構いるんですよね」との事。
逆流する場面を見られるのを嫌がる姫もいるようですが、
この姫は十分に見させてくれました。
そして私のJr.は口でしっかり念入りにお清めもしてくれました。
私も汗だくでちょっとグッタリしましたが、姫も同様でしたので、
私は少し休むのかな?と思ったいたら姫はすぐ起き上がり、
洗い場に誘われました。
ここで全身を洗ってもらいましたが、
洗っている最中にパイズリがあり、
この柔らかくて色白な胸に私の色黒のJr.が挟まれると凄く気持ち良く、
放出して余り時間が経っていないのにも関わらずに意外な程直ぐに復活。
因みにこれがまともなパイズリ初体験(?)でした。
姫もそれを見て、「直ぐにまた硬く大きくなってくれて嬉しい」と、
Jr.の先端にキスをして、椅子の上で軽い挿入がありました。
余り動けないかったのですが、
その間は柔らかい胸を楽しませてもらい、
そこでは放出せずに浴槽で湯に漬かりました。
通常ですとこの辺りのタイミングで、
マットをやるのか聞かれる事が多いのですが、
姫は何も言わずに一緒に浴槽に入ってきました。
私は元々余りマットは好きではないので問題は有りませんでしたが、
マット好きな人だと残念かもしれません。
希望すればやってもらえたのかもしれませんが・・・。
浴槽の中でも姫は積極的で、潜望鏡もやってくれ、
会話をしている時以外は殆どDキスか私の体のどこかをキスしていました。
その間も姫の手はここでも終始Jr.を触っていてくれます。
少しのぼせてきたので上がろうとすると、
姫から立ちバックのご要望があり、
浴槽に入ったままの立ちバックも楽しみました。
その後再びベッドに移動すると希望の飲み物を聞かれ、
暫しドリンク&おしゃべりタイム。
その時間中も姫の手は常にJr.を触っていてくれています。
ドリンクを飲んでいる最中には姫からのドリンク口移しのサービスがあり、
そのまままたDキスへとの流れでした。
休憩中でも「私のアソコ開いてみて…」とか、
「触られてこんなに濡れちゃって赤くなっている、良く見て…」とか、
言葉でも常に興奮させてくれました。
また常にJr.を刺激してくれているので、
すっかりJr.も元気になっていたので姫から2回戦目のお誘い。
その際「何かしたい事のリクエストはありますか?」との事だったので、
椅子洗いで気持ちが良かったパイズリをリクエストしてみたら、
快く受け入れてくれ、私が仁王立ちした体制になり、
姫は膝立ちの姿勢で、
硬くなったJr.を姫の白く柔らかい胸に挟んでしごいてもらいました。
途中からは姫がパイズリしながらフェラもしてくれたので、
とても気持ちが良かったです。
ここでも上目遣いで視線を合わせて来てくれたので、
その表情がエロくて可愛くて興奮度も急上昇してしまい、
何度も直ぐ復活する自信があれば、
ここでも正直放出してみたかったくらいですが、
それは諦めたのですが、直ぐに挿れたくなってしまいました。
その事を姫に伝えると、
「もう十分元気だから今度は後ろからして」とのリクエストだったので、
私は立ち上がった状態のまま膝立ちだった姫も立ち上がってもらい、
殆ど前偽もないままに立ちバックで挿入。
2回戦目の前にアソコへの愛撫が殆どなかった無かった為か、
少し濡れが足りなかった様で、
最初はちょっと姫の中の滑りが良くなかったので、
最初はゆっくり浅く突いていましたが、
挿れながら乳房や乳首を愛撫していると、
姫の中が段々暖かくなって、
濡れて来ているのがJr.を通じて伝わって来たので、
根元までズッポリ挿入すると姫は一気に腰砕け状態なって、
一瞬ビクビクしていました。
それで一度Jr.を抜いて見たところ、
姫のアソコもビクビクしていましたので、
どうやら本当に軽くイってしまった模様。
そのまま再度バックで挿入すると、
姫の声は少し息が詰まったような感じで声を出して、
体はまたビクッと反応していました。
そのまま中腰で突き続けていたのですが、
こちらの足が疲れてきたので、
繋がったまま姫にベッドにうつぶせで寝てもらい、
そこで姫の体を回転させてそのまま正常位へ。
私も姫もすでの結構汗ダクになっていましたが、
お互いノリノリ(?)の雰囲気でのプレイだったので、
そのままDキスをしながらお互い体を密着させた抱き合った状態で、
ピストンを繰り返していると、
姫の腕と足が私の体を強く段々強くしがみ付いて来ました。
「私イッちゃう!」と切なげな表情で言った後に、
また激しいDキスをしてきました。
その表情がまた妙に色っぽいというかエロいというか、
男を興奮させる雰囲気を醸し出したので、
こちらも興奮度もまた高まり、
一段と深く突き、姫の奥深くで放出しました。
その瞬間姫は、アソコと腕と足の全てで私を締付けてきました。
その後に今度は姫はアソコに力を入れて、
断続的にJr.を締め付け続けてくれたので、
残り汁まで絞り取ってくれている感じで気持ち良かったです。
暫く姫の中で余韻を味わってからJr.を引き抜くと、
また姫のアソコからは大量の白濁液が逆流してくるのが見えました。
ここでも姫は白濁液がタップリついたJr.を丁寧に口でお清めしてくれ、
今度はそのまま飲み込んでくれました。
ゴックンは余り経験なかったので、
ここでもちょっと興奮してしまいました。
この段階で残りが20分程度だったのですが、
姫はまだJr.を刺激してくれていて、
回復すれば3回戦でもOKそうだったのですが、
流石に回復する自信も無かったのと、
最後にドタバタするのは嫌だったので、
少し雑談をして汗を流す事にしましたが、
汗を流す前の雑談の時に驚くスペシャルサービス?が有りましたが、
これはちょっと公表したら不味い気がするので詳細は伏せますが、
ビックリするサービスがありました。
着替え終わってからも少し時間があったので雑談をしていたのですが、
その間も姫はベッタリ体を寄せてきてDキスをしてくれ、
時間ギリギリまで濃厚なサービスをしてくれました。
時間になり部屋を出ると上がり部屋に案内されました。
ここでもドリンクが注文出来アンケートの後、
他の在籍姫のモザイクの無い写真アルバムを見る事が出来ます。
また、アンケートでマイナス側の評価をすると、
ボーイから詳細を聞かれる事がありますが、
今回は不満のある評価はしなかった為か追加質問は有りませんでした。
丁度アルバムを見終わる頃に車が店の前に準備出来たとの声がかかり、
店を出て今回の登楼は終了となりましたが、
結果的に満足できる登楼となりました。



チャット15分間無料
一度試して見て




熟女とのチャットはいかが
綺麗な女性はいくつでもセクシー

胸の谷間なんともいえません
一度のぞいて見て


















スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。